ゴミ屋敷の片付けやキッチンのヌメリ取りは、ハウスクリーニング

掃除

日本で求人が増加する職業

求人が増えている職業とは

掃除

就職することが難しい現代の日本で徐々に求人が増加してきている職業があります。それは特殊清掃という職業です。特殊清掃とはいわゆる亡くなった方がいた現場を手掛けるお掃除屋さんです。またの名を事件現場清掃業といいます。主に事件、事故、自殺などの変死現場が活動の場です。遺体が腐敗することによってダメージを受けた室内を復旧させることが求められます。警察が処理した後に業務が始まります。放置された室内を短時間で清掃することは心身共に重労働です。ではなぜこの職業に近年求人が増えているのでしょうか。世界的に見て犯罪の少ないこの日本で犯罪により死亡すること、事故死、自殺の件数は圧倒的に多くはありません。原因は核家族化と高齢化の進行なのです。

高齢化社会が求人を増やす

特殊清掃が必要になる場面では、早急な対応が必要になります。何故かと言うと、放置していると汚れが落ちにくくなるだけでなく、異臭がしてくることがあるからです。しかし、遺族では対応することが出来ません。遺体を発見して憔悴しきっているだけでなく、この作業には技術や専用道具が必要だからです。その為、特殊清掃業者にすぐ依頼をするべきなのです。特殊清掃業者では24時間年中無休で対応をしていることがほとんどです。また、清掃後には、遺品整理のサービスを受けることも可能です。必要なもの、不要なものときちんと分けてくれます。また、不用品も回収してくれるので、手間を感じること無く遺品整理の作業が可能です。